銀行カードローンの金利は一般的に低い傾向あり

急な出費などでお金が必要になった時に私たちが利用しやすいカードローンですが、

カードローンを提供しているのは消費者金融の他に銀行も存在しています。

どちらで借りたほうが良いかというのは一長一短なので何とも言えません。

しかし、銀行のカードローンの方が消費者金融よりも一般的には金利が低い傾向にあります。



というのも消費者金融は顧客にお金を貸す事で利益を上げなくてはいけません。

金利から利益を出していくという事はある程度金利を高くする必要があるわけです。

一方で銀行は一般消費者にお金を貸さなくても大きな企業などにお金を貸して利益をだすことができます。

つまり一般消費者への貸し出しで必要以上に利益を出す必要がないわけです。

ですから消費者金融と比較すると低い金利でお金を貸すことができるのです。



逆に銀行は無理して沢山の人にお金を貸す必要が無いとも言い換えられます。

つまり正社員でしっかりと返済が見込める人にだけ貸せば良いわけです。

そのため収入が不安定な人にはあまり貸し付けてくれない傾向にあります。



つまり銀行のカードローンはしっかりと返済する能力があれば低金利でお金を借りる事ができる傾向が強いと言えます。



銀行カードローンには総量規制が無い?総量規制とは?



そもそも総量規制というものがどんなルールか説明します。

総量規制では簡単に言ってしまうと年収の3分の1までしかお金を借りられないという制限のことです。

これは消費者が大きな借金を抱えてしまい返済できなくなるといったトラブルを避けるために作られたルールです。

お金を貸す業者は利用者の年収と他社からの借入額などを調べて貸し付けできる金額を決定します。



しかし、この総量規制は実は銀行は対象外となっています。

総量規制は貸金業法によって定められたルールで多重債務問題を解決するために作られました。

貸金業法で対象となる業者は消費者金融やクレジットカード会社などです。

銀行は銀行法という別の法律に基いて運営されています。

このため銀行のカードローンは総量規制の影響を受けないわけです。



もっとも総量規制の影響を受けないとは言っても借入の際には返済能力の有無が問われます。

年収の3分の1というのは無理なく返済できる金額として定められたものなので、

それ以上のまとまったお金を借入できるかどうかは別の問題となります。



銀行カードローンは銀行だからこそ安心して利用できる



銀行のカードローンはとても安心して利用できます。

というのも銀行は運営が非常に安定しているためです。

もちろん絶対に安心ということは世の中にはありませんが、

数々の会社の中でも安定感という意味では銀行以上の会社は殆どありません。

消費者金融も大手の会社がいきなり潰れるなんて事はなかなか無いでしょうが、

それとは比較にならないくらい銀行は会社として強いわけです。



利用しているカードローンの会社が急に潰れてしまったなんて事になれば大変です。

カードローンは自由なタイミングで借入ができるというのも魅力の一つですが、

会社が倒産してしまえば新規の借り入れはできなくなります。

一方で既にある借金が帳消しになるという事はなく、

別の業者が引き継ぐというのが通常の対応となります。



このように急に利用しているカードローンの会社が潰れてしまうと利用者としても困るわけです。

その点、銀行のカードローンは会社が潰れる可能性は限りなく低いと言えます。

安心して利用するなら銀行のカードローンが良いでしょう。



また、小さな消費者金融などでは情報の管理がずさんな場合もあります。

銀行では例え地方銀行でも情報の管理はある程度の水準をクリアしています。

こうした個人情報の扱いについても安心感が段違いです。



消費者金融の金利は一般的に高い傾向あり




消費者金融のカードローンは銀行と比較すると高い傾向にあります。

銀行とは異なり消費者へお金を貸し付ける事で会社として利益を出さなければいけないからです。

あくまでも消費者へお金を貸す事がメインの事業ですから、

利益を出せないほど低い金利を設定してしまって会社が潰れてしまいます。

ですから一般的に金利が高くなってしまうのは仕方がない事だと言えます。



もちろん銀行と比較して金利が高いとは言っても、

現在の消費者金融は法律で定められた上限金利を超えないよう運営されています。

しかも業者同士で顧客の奪い合いも行われていますから最大限金利を低くする努力をしていると言って良いでしょう。



消費者金融を選ぶメリットとは? 無利息サービスがある?




銀行と消費者金融で金利に差があるのであれば利用者は銀行に集まりそうです。

しかし、実際には消費者金融を利用する人が多いのも事実です。

そこには消費者金融を選ぶだけのメリットがしっかりとあるのです。



消費者金融では金利が高くても顧客を集める必要があるため様々なサービスを展開しています。

その中でも最も注目すべきは無利息サービスです。

これは初回の利用や繰り返し利用した場合に一定期間に限り利息が発生しなくなるというサービスの事です。

業者によって無利息の期間は異なりますが30日無利息というようなサービスを行っている業者もあります。



もちろん無利息期間を過ぎれば利息は発生しますが、期間内であれば借りた金額をそのまま返済するだけで良いという点が利用者にウケています。

こうしたサービスは銀行ではほとんど行っていません。

消費者側としては短期間の利用であれば消費者金融を利用するメリットは充分ありますし、

一度利用した事がある業者を二度目以降も利用するという行動は自然と言えるでしょう。



消費者金融は借り入れや審査のスピードも早い




消費者金融では審査のスピードも早い事で知られています。

これも銀行との差別化の1つであり、消費者金融同士での顧客の奪い合いでもあります。

審査の大部分をコンピューターに任せる事で時間を短縮し最短だと30分程度で融資ができる程になっています。

これによって融資自体も即日中に行える業者も沢山存在しています。



お金を借りたいという状況は不測の自体であることが多く、

銀行では営業日や時間も限られますし審査にも時間がかかることから消費者金融を利用する人は多いようです。



審査だけでなく借り入れの方法も様々で提携ATMを利用した即日融資だけでなく、

提携しているネットバンキングの口座を持っていれば24時間いつでも即振り込み対応をする業者も出てきました。

このように消費者金融での融資はスピードがとても早いものが多いのです。



銀行カードローンと消費者金融の違いについてまとめ




銀行と消費者金融では同じカードローンでも性質がまるで違う事がわかったと思います。

銀行のカードローンでは金利が低い反面サービスはあまり付随しません。

審査にも比較的時間がかかりますし、しっかりとした収入がないと融資を受ける事ができないといった特徴があります。

定期的な収入がありお金が必要なタイミングまで時間があるのであれば銀行のカードローンを利用した方がお得になります。



一方で消費者金融のカードローンは金利は高いものの様々なサービスを行っています。

特に一定期間の無利息サービスは注目ですし、何より融資までのスピードがとても早い事が重要です。

事故や病気などで急遽お金が必要になってしまった場合などは消費者金融を利用した方が良いと言えます。



銀行と消費者金融どちらのカードローンも一長一短です。

いくら金利が低くても必要な日までにお金が用意できなければ意味がありません。

また返済するのに長期間かかるのに30日無利息だからと高金利でお金を借りるのも意味がありません。

自分の状況や返済プランなどに合わせてどちらを利用するか判断する事が大切です。

WEB完結で職場への連絡なし! カードの郵送なし!

200*200
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
カードレスにしてもスマホでATMが使える!
  • セブン銀行ATM(セブンイレブン、イトーヨーカドー等)のATMはスマホだけで使える!
  • 金利が低め 3.0~18.0%!限度額高め 最大800万円!
  • 最短即日融資が可能(*1)
  • WEB完結申込なら電話連絡、郵送物なしで家族や職場に内緒にできる!(*2)
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
*1 即日融資には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。
*2 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
最大180日間の無利息も!
  • 初めての利用なら30日間無利息又は5万円以下なら180日間無利息が選べる
  • セブン銀行など提携ATMの手数料が無料。お借入れ・ご返済が24時間365日可能。
  • 来店不要で即日振込み融資(※1)
※1 平日14時までに申込みと必要書類の確認が完了した場合

アコム

♪はじめてのアコム♪最短即日融資!30日間金利ゼロ!
  • 最短即日融資で急いでる人にも便利!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスではじめてでも安心!
  • クレジットカード一体型はアコムだけ!
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0%
  • 限度額は最高 800万円

※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。

スルガ銀行グループ ダイレクトワン

月々4,000円からの返済
  • 月々4,000円からのラクラク返済(お借入残高10万円迄の場合)
  • 年齢、年収、他社借入状況を入力するだけで借入可能かクイック診断できます。
  • 金利 4.9%~20.0% 融資限度額 最高300万円
  • 全国のコンビニATMが使えます。

楽天銀行スーパーローン

最短即日融資可能!限度額最高800万!
  • 融資限度額最大 800万円
  • 金利 1.9%〜14.5%
  • 楽天スーパーポイントも貰える!
  • 最短即日融資も可能(※1)
  • 月々2,000円からの返済(※2)
  • 全国のコンビニATMが利用可

※1 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。
※2 借入残高 10万円以下の場合。

ご融資どっとこむ

フリーローンからビジネスローンまで多様!
  • フリーローンの他、借換え、レディースローンにも対応
  • 最大融資額 500万円
  • 借り換え・おまとめローンなら金利 7.3%〜15.0%
  • 日本全国、振込融資が可能
  • 大手に負けない元気な中小貸金業者

SGファイナンス

全国振込対応!フリーローンからビジネスローンまで
  • 審査最短30分、最短即日で振り込み融資
  • 日本全国対応!来店不要でスマホから申し込み可!
  • 担保、保証人不要
  • 実質年率 9.85% ~ 18.0%
  • 最大融資額 300万円
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 事業者向けローンや不動産担保ローンも相談できます!

サンクスダイレクト

最短即日!来店不要、担保不要で300万円まで!
  • 最大融資額 300万円
  • 年金利 15%〜18%(不動産担保なら4.5%〜12%)
  • 申込みはスマホから
  • 最短即日融資も可能!
  • 来店不要なので日本全国から申込み可能
  • 融資は振り込みです
  • 無名ですが金融庁に登録の貸金業者です!

キャッシングエニー

きめ細かなサービスがモットー
  • 最大融資額 300万円
  • 実質年率 5.0% ~ 20.0%
  • 主婦の方向けの融資も柔軟に対応
  • 日本全国、振込融資が可能
  • 貸金業法に基づくおまとめローンにも対応

アイフル

はじめての方最大30日間利息0円!1秒診断!30分審査!即日融資!
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • 最短30分で審査結果を回答
  • 即日融資が可能(※1)
  • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
  • 実質年率 4.5% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 500万円

※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

ページの先頭へ