アルバイトやパートタイムで働いている方が銀行のカードローンを利用してお金を借りるのはちょっと難しいのかも知れませんが、消費者金融のキャッシングであればお金を借りられる可能性はグッと広がります。

消費者金融ではアルバイトなどの非正規雇用で働いている方からの申し込みも認めています。認めているからと言って必ずお金を借りられるとは限りませんが、お金が借りられる可能性が広がるのは間違いありません。

一般的に言って、非正規雇用で働いている方の信用力は正規雇用で働いている方のそれに比べて低いと見なされています。

だからと言って非正規雇用で働いている方がキャッシングに申し込む際に担保を取られることはありません。

連帯保証人を見つけてくることを要請されることもありません。このことから消費者金融は非正規雇用で働いている方にとって申し込みやすい金融機関と言って差し支えないでしょう。

申し込みはインターネットを用いて行うこともできます。最近ではスマートフォンから申し込みをする方が増えているようです。

審査が心配だと感じる方は仮審査を受けてみるとよいでしよう。多くの消費者金融はホームページに短時間で済む仮審査のページを設けています。

必要事項を数か所だけ記入するだけで融資を受けられる可能性があるか調べられるようになっています。

非正規雇用で働いている方でお金に困ったことがおきたら、諦めずに消費者金融を頼ってみてもよいのではないでしょうか。