毎月の収入では生活費が足りない、急な出費に現金がないなど、カードローンのキャッシングを利用することをお考えの方も多いと思います。カードローンには大きく、消費者金融系や銀行系に分けることが出来ます。大きな違いは、設定可能な限度額となります。

消費者金融系カードローンは、貸金業法に基づく商品となる為、総量規制の関係から、最高でも年収の1/3の金額までしか貸付け出来ないことになっています。これは消費者金融1社当たりの金額ではなく、既に他社から借入している場合には、その金額も含めてのものとなる点に注意しなければなりません。年収600万円の1/3が200万円であっても、他社から既に50万円の借入がある場合には、新たな申込みで設定出来る限度額は最高でも150万円となってしまうのです。

銀行系カードローンの場合、基づく法律は銀行法となることから、消費者金融系のような総量規制の対象となりません。前記のように600万円の年収の方で、継続的な収入が見込まれる場合には、300万円を超えるような限度額設定がされ得る可能性もあるのです。

総量規制とは、借り過ぎによる金融事故などを未然に防止することを目的で導入された法律ですので、年収の1/3を限度とする限度額設定というのは、自らを抑制する良い点と受け入れなければならないものかもしれません。しかし、消費者金融系・銀行系共、金利設定に於いては限度額によって変動し、高額になるほど低金利となるのも確かです。

限度額を大きく設定可能な銀行系カードローンを、低金利で利用するのも賢い選択かもしれません。但し、実際のキャッシングについては、自分を抑制した計画的な利用を心掛けることは必要です。