それまでの私はカードローンを使うなどと言った事は全く考えもしませんでした。それが申し込む事になったきっかけは、彼女の誕生日の贈り物を、あろうことに完全に忘れてしまった事が原因でした。

その日は給料日の前日という事で、口座には当面の生活費しかなく、とても贈り物を買うようなお金はありませんでした。彼女にいい顔をしたいという気持ちが強く、迷った結果カードローンを使う事にしました。

それが生まれて初めての借金でした。3万円とはいえ、これには正直断腸の思いでした。というのは子供の頃から、金銭の貸し借りは絶対するな、と言われ続けてきたからです。

ですがお金がないので贈り物も買えないとは、とてもつらい事です。本当にやむを得ない決断でしたし、情けない思いがしました。

申請は専用の支払機で行いました。案内人の指示に従い申請をしていきました。自分が描いていたカードローンの想像と全く違い、スタッフの対応は明快で、説明も分かりやすく、何の不安もなく借りる事ができました。時間にして1時間程。必要書類も不要でスムーズに申請は終了しました。

カードローンのおかげで、彼女に贈り物を買う事が出来、それをとても喜んでくれました。まさにカードローンさまさまです。

ただ自分の中のルールとして、金欠や急に出費が必要な時、に限るようにしています。額も2万までです。何度も救われています。返済期日を自分で決めれますし、コンビニエンスストアで返済可能なのもメリットです。