キャッシングを利用していた時に、返済の遅延を起こしてしまったことがありました。返済日までに余裕があるだろうと思って行ってしまったのですが、実際には返済が行われていないと、すぐに対応するのがキャッシングの会社です。行っていなかった場合は、すぐにでも連絡を入れるようにしてくるので、場合によっては面倒に感じたり、嫌な気分を受けてしまうことになるでしょう。

こうした方法を採用しているのは、昔からキャッシングの利息が収益となっているためです。カードローンの場合でも連絡入れますが、そんなに頻繁に行っているわけでもありません。つまり短時間で連絡が頻繁に入ることはないですが、キャッシングの場合は利益に関わってきますので、必ず連絡を入れてきます。しかも4時間くらいでまた連絡を入れるようになり、返済が更に遅れてくると短くなってきます。2時間に1回ペースで連絡を入れてくる会社もあります。

返済が遅くなっている場合は、最初の連絡で遅くなってしまっていることを告げて、いつまでに返済できるか伝えておくのがいい方法です。これなら遅延損害金程度で済まされることが多いので、後は連絡をしないように調整してもらうようにします。携帯電話の番号を相手に伝えて、自宅にかけてもらわないようにする工夫も大事です。